タダラフィルを正しく服用しよう

あなたは、ED治療薬を飲んだことはありますか。もしなければ、それはいいことです。しかし、大抵の男性はだんだんと勃起力も、年齢的に衰えていくものです。こらは当たり前とも言えますが、まだ若いのに立たなくなることもあるのです。

そんなときには、現実をしっかりとみて、早めにED治療薬を利用した方がいいのです。

飲むタイミングと食事

タダラフィルも飲み方も簡単とは言っていますが、やはりしっかりと正しく服用をすることが必要です。それにより、効果をしっかりと受けれるようになるのです。
そのためにも次のことを意識しましょう。

まずは、飲むタイミングですが空腹時に飲むようにしましょう。飲むタイミングもセックスをする2~3時間前に飲むようにしましょう。そして、2~3時間たつと、そこから量によって24~48時間ほど効き目が持続します。これならば、バイアグラのようにピンポイントではないで、ゆっくりと自分のタイミングでセックスを楽しむことができるでしょう。

なお、食後に飲む場合には、食べ終わってから、これも2~3時間ほど空けてから飲むといいでしょう。
そして、飲むときには水や白湯で飲むようにしましょう。

お茶やコーヒーなどでつい飲んでもと思うかもしれませんが、時にはこれらの飲み物の成分が影響して効果が薄れるかもしれません。少しでも効果を実感するためにも、飲み物にも気をつけましょう。

あと、アルコールを飲んで、この薬を飲んでもいいのかという声も聞かれます。実は勃起不全は、精神的な緊張が大きく影響しています。そこで、あと、アルコールをとることでリラックスをすることで勃起不全解消へ繋がることもあります。

少な目のアルコールならば飲みながら、さらにこの薬で飲んでもいいでしょう。もちらん、たくさんアルコールをとると、今度は逆効果になってしまうので、ほんの少しということを意識しましょう。

バイアグラと比べると食べ物の影響を受けないといっても、意識しておくことはいろいろあるのです。やはり食後に飲むときには、普よりもあっさりしたものや量を少し減らすといったことも必要です。

ぜひ、食事をうまくコントロールすればさらに、勃起もできるようになるかもしれません。